アコムマスターカードの
審査は難しいの?

アコムマスターカード審査落ちた?

マスターカードとはアコムの会社で発行しているクレジットカードのことを言います。 スピーディーな審査で定評があり、フリーターや主婦の方でもカードが発行できるようになっているので現在でも多くの方がこのアコムマスターカードを利用されています。 そんな利用のしやすいアコムマスターカード審査落ちたことがある人がなかにはいるかもしれません。

では、アコムマスターカード審査落ちた理由というのは一体どんなものがあるのか? まず、考えられるのがアコムが定めた申込み資格の基準に満たないという理由からアコムマスターカード審査落ちたのかもしれないということ。 年齢をはじめ、希望する融資額、他社での総借入額など基準に満たしていないものがあったから、アコムマスターカード審査落ちたのかもしれません。

また、過去の借入先で返済が遅れてしまった経験がある方の場合です。 一回でも返済に遅れてしまうと、そういった情報というのはデータベースに細かく記録されているので、仮にウソをついたとしてもすぐに分かるようになっています。 マスターカードの審査基準というのは銀行などに比べれば多少は緩いようになっていますが、それでも会社側がお金を貸すのですから、損をしないためにもそれ相当な審査基準を設けています。

アコムマスターカード審査落ちたことのある人は年収や勤続年数の基準に満たしていなかったり、過去の返済において遅れてしまったことがあったのが原因とみて良いでしょう。 ですので、短期間に続けて審査をしたところでアコムマスターカード審査落ちたという結果になりますので、そういった場合には少しの期間カードを作ることをあきらることが大切になってきます。 大体、データベースに申込履歴が残るといわれているのは短くても6カ月から長くて1年間と言われているので、それ以降にまた再度チャレンジをしてみてはいかがでしょうか?

アコムマスターカード審査落ちたからといって、この先、二度と借り入れができないというわけではありませんし、また期間さえあければ申し込むことは十分に可能となってきます。 実際にアコムマスターカード審査落ちたことがあった人でも期間をあけて申し込みをしたら、カードを発行してもらえたという方がいます。 現時点でアコムマスターカード審査落ちたからといっても、この先もずっとアコムマスターカードが発行されないということにはなりませんので安心して少しの期間、待ってみましょう。

アコムマスターカードの審査って厳しい?

アコムマスターカードを申し込んだ時にカード発行会社は収入証明を提出していないのにどうやって収入情報を審査しているのでしょうか。

実は審査の時に見ているのは収入だけではないんです。

まぁ全国の企業の年収の平均を知る方法がないので当然のことですね。

そのため、どんな風に年収情報をチェックしているのかというと過去の利用者の中からその業界、職種で勤続年数が何年くらいだから年収もこのくらいの金額だろうというデータがあり、そのデータと比べて変な部分がないかと見ています。

そのため、大きな違いがなければ本人申告された年収でスコアリングが行われます。

乖離が大きく、怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

高い買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしますか?現金で支払う人もいると思いますが多くの方は現金を持たなくていいので楽な反面、大学生や新社会人の場合は持っていない場合もあるので審査をしてカードを発行しないと当然ですがカード払いはできません。

初めてカードを発行するときについて説明します。

申し込みをするには窓口も兼ねた提携ショップで申し込む方法やスマホなどで手軽にできるネットでの申し込みがあります。

申し込みでは年収や引き落とし口座などを聞かれるので事前に確認しておきましょう。

実際にカードが届くまでは1週間から2週間くらい時間がかかります。

アコムマスターカードを作りたいと思い調べてみるとカードを発行している会社やカードの種類が多くてどれを選べばいいかわからないという人もいるのではないでしょうか。

特にカード会社ごとに独自の審査基準を持っている場合が多く審査に通るのが難しいカード会社もあります。

プラチナカードやブラックカードという言葉をドラマなどで聞くこともありますがこの2種類に関してはカード会社から案内されて作れるようになります。

一般的に自分から申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

カード審査では年収と信用情報が重要と言われています。

早くカードを手に入れたいという場合は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

社会人になった際にできるだけ早く用意したいものとしてアコムマスターカードを挙げる人が多いと聞きます。

なるべくなら大学生のうちに作って利用しておくべきという人もいるくらいです。

その理由としては、早いうちからクレカ決済を返済することでクレジットヒストリーが積み上がるからです。

クレジットヒストリーがあるとローンが必要になった際の審査で有利になります。

逆にここでカード決済のトラブルが何度も続くとクレヒスが悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレジットヒストリーはクレカの支払いだけでなく水道料金や携帯料金の払い忘れをしても影響があります。

最近、イベントなどで電子チケットが普及してきました。

場合によってはアコムマスターカード払いのみなど現代では必需品のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、アコムマスターカードを申し込んだ際に審査通らないということがないように大切なポイントを確認しましょう。

審査の際に重要なのは安定した収入があるかや職業などの申込者の属性がどうなのか、信用情報は問題ないかという部分です。

例えば、正規雇用ではなく、アルバイトなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると多くの人から言われています。

クレヒスについては支払い期日があるものがちゃんと払われるかを見られています。

ローンなどのお金関係の申し込みを行う際に必ず、勤続年数を入力する欄がありますよね。

審査でどんな意味を持つのかが気になったので調べてみました。

アコムマスターカード申し込みの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年以下でも大丈夫です。

審査では今までの返済履歴のように確認する項目が他にあり、確認のしようがない項目はそれほど大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、ここ数年で転職する人も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報を書いてしまうこともあります。

古いアコムマスターカードの利用履歴が出てきたら辻褄が合わなくなり働いている期間がバレてしまうことになます。

アコムマスターカードをまだ作っていない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでも審査に落ちると考えている人もいるようです。

参考:アコムマスターカードの審査に落ちた理由は?

都市伝説的に言われている非正規雇用では都市伝説のような話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイトなどの非正規雇用でも作ることはできます。

では、非正規雇用でカードを作る際の審査で重要なことはなんでしょうか。

それは、年収に見合ったコースに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報にトラブルが発生していないかが重要だとされています。

カード会社やカードの種類によって想定している条件があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方で30代以上の方向けと言うように設定されています。

アコムマスターカードの審査について周りの人に聞くと勤務先に電話連絡で在籍確認がきた人ときていない人がいます。

中には、カードを作る際に電話確認をされたくない人もいると思います。

ただ、電話が絶対かかってこないカード会社というものはなく連絡の可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社の特徴としては、最短〇〇フンなどのスピード審査をウリにしている会社です。

スピード審査の場合、すべての申込者に対して、全てを人力で確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

機械審査のため、電話が来る可能性が少ないと言われています。

大きい買い物をする際やネットでの買い物、電子チケットなど色々な場面で便利なアコムマスターカードですが、社会人なりたての人などはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを作っていない人にとって不安に感じるのは審査基準がどうなっているのかわからず審査に落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要と言われているのがクレジットヒストリーです。

クレヒスとは、クレジットヒストリーの略でローンなどの支払い履歴のことです。

審査の際にカード会社は信用情報を記録している機関に情報照会をして過去にトラブルを起こしていないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレジットヒストリーは重要なので未納などに気をつけましょう。

買い物をしようと思っても現金の持ち合わせがないときやネットショッピングなど利用する場面のどんどん増えてきているアコムマスターカードですが新社会人の方など若者の中にはまだ持っていない人もいます。

最近では、ライブなどのイベントで転売防止で電子チケットが採用されることも増え、クレカ払いのみできるなんていうこともあります。

クレカを持っていないとイベント参加を諦めてしまうことになりますが即日発行できるカードなどが最近では出てきています。

例えば、イオンカードの場合ではWEBで申し込みをしてWEB申し込みをして審査が30分以内に終わり、合格していればイオン銀行の店頭やクレジットカウンターでその日のうちに受け取れます。

Copyright (C) アコムのマスターカード審査に落ちたらどうする? All Rights Reserved